【シャニマス】雑誌撮影連打編成でTrue End

スポンサーリンク
シャニマス雑誌連打アイキャッチ シャニマス

こんにちは!セミマサです。

ビジュアル型の雑誌撮影連打編成でTrue Endをそれなりに達成できるようになってきたので使うサポートアイドルや立ち回りを備忘録としてまとめておきます。

この編成では基本的に雑誌の撮影とオーディションしかしないので考えることが少ないです。プロデュースをサクサク進めることができますね!

この記事でわかること

・雑誌撮影連打編成で使うサポートアイドル

・セミマサのサポート編成

・雑誌撮影連打における立ち回り方

雑誌撮影連打で使うサポートアイドル

必須

【トキ・メキ・タコさん】桑山千雪(イベントSSR)

この編成の肝となるサポートアイドルです。最終的に撮影マスタリーViが12撮影マスタリーMeが5になります。雑誌撮影は体力消費が少ない分能力上昇量も低いですが、この千雪さんと一緒に撮影ができれば大きく能力が伸ばせます。EXスキルには雑誌撮影滞在率UPをつけておくといいでしょう。イベントカードなので現状入手不可なのが最大の問題となります。

他にも撮影マスタリーを持ったアイドルはいますが千雪さんのみで問題ありませんでした。

あると良い

True Endを狙う際はオーディションを受ける回数が増えるのでオーディションマスタリーを所持している下記サポートアイドルがあると良いです。千雪さんがあまり撮影に来てくれない時でもある程度の能力を確保できるようになります。

【花笑み咲匂う】八宮めぐる(期間限定SSR)

オーディションマスタリーMe持ち。メンタル事故を起き辛くしてくれるうえに、本人の火力も高いので所持しているならば特にオススメ。最大の問題は期間限定SSRであること……。

【ハッピーの答えはどこに?】大崎甘奈(イベントSSR)

オーディションマスタリーVi持ち。レベルを上げるとビジュアルアピールの性能が上がっていくので火力としても期待できます。レベル80まで上げるのは大変なのでまずはレベル70を目標にしましょう!イベントSSRなので現状再入手不可です。

【サンシャインシエスタ!】八宮めぐる(期間限定SR)

オーディションマスタリーVi持ち。 SRなので本人の火力は低めなものの、オーディションマスタリーの最大値が上述した【ハッピーの答えはどこに?】より高いです。スキルパネルも強力なものが多いので最大まで特訓できていれば頼りになるでしょう。問題は【花笑み咲匂う】と同時に使えないことと期間限定カードであること。

【魔法の階段を上って……】風野灯織(SR)※配置はゲスト推奨

オーディションマスタリーSP持ち。灯織本人はダンス型のステータスなのでゲストに配置しましょう!

セミマサのサポート編成

私の編成はこんな感じです。オーディションマスタリー持ちを複数投入しています。めぐると灯織がいるのでユニットマスタリーを発動できたらラッキーと考え真乃も編成。

入れ替え候補としては火力の高い【ふれんど日和】(凛世)や、特訓4回で取得できるライブスキルが優秀な【娘・娘・金・魚】(霧子)等が挙げられます。

カード名レベル採用理由
【駅線上の日常】真乃/特訓3回75・火力が高い
・ユニットマスタリーSP
【花笑み咲匂う】めぐる/特訓2回70・火力が高い
・ユニットマスタリーVi
オーディションマスタリーMe
【トキ・メキ・タコさん】千雪/特訓4回80撮影マスタリーVi
撮影マスタリーMe
【ハッピーの答えはどこに?】甘奈/特訓4回80オーディションマスタリーVi
・固有ライブスキルが強い
ゲスト:【魔法の階段を上って……】灯織/特訓4回70オーディションマスタリーSP

取得するスキルパネル

Pアイドルの固有ライブスキルがVi型の場合

【駅線上の日常】(真乃)【花笑み咲匂う】(めぐる)のパネルを主に取得していきます。

ライブスキルは下記のような構成にします。ボーカルアピールⅠとダンスアピールⅠはどちらを残してもOKです。

  • Pアイドルの固有ライブスキル
  • ビジュアルアピールⅣ
  • ビジュアルアピールⅠ
  • ボーカルアピールⅠもしくはダンスアピールⅠ

Pアイドルの固有ライブスキルがVi型以外の場合

【駅線上の日常】(真乃)【花笑み咲匂う】(めぐる)のパネルを主に取得するのは同様ですが、火力を確保するために【ハッピーの答えはどこに?】(甘奈)の固有ライブスキル取得を優先します。このライブスキルはPERFECTを出すとVisual3.5倍アピール(それ以外ならVisual0.7倍アピール)というもので1ターン目に引ければ非常に強力です。

ライブスキルは下記のような構成になります。

  • ハッピーの答えはどこに?
  • ビジュアルアピールⅣ
  • ビジュアルアピールⅠ
  • ボーカルアピールⅠもしくはダンスアピールⅠ

立ち回り方

・約束はスルーします。

・テンションはオーディション前の選択肢で上げます。

持ち込むアイテム

持ち込むアイテムの組み合わせは下記の2パターンが多いです。選択肢の正解を調べる手間が省けるので秘密のメモ帳は特におすすめ

  • ヒーリングタルト(2個入り)&秘密のメモ帳
  • 流行雑誌&秘密のメモ帳

雑誌の撮影はトラブル発生率が非常に低いですが、体力がごく僅かになると少しトラブル率があります(1~8%程度)ヒーリングタルト等の回復アイテムがあればトラブルを防止しやすくなります。

流行雑誌を持ち込む場合はW.I.N.Gの流行がイマイチな時に使いましょう(例:決勝で流行1がVo)。

セミ君
セミ君

タルトを持ち込まない場合は体力が半分を切っていてかつViが流行3位の時に一回休憩を入れると安全です。

シーズン1&2

ひたすら雑誌の撮影を連打します。

シーズン3

Viが流行3位の時は雑誌の撮影それ以外はオーディションを受けます。このシーズンでファン数を稼ぐほど後が楽になります。

・まずはファン数+4万オーディション「SPOT LIGHTのせいにして…」を受けます。審査員の耐久が高めでメンタル事故が起きる可能性があるためできればViが流行1位の時に挑みたいところ。

・「SPOT LIGHTのせいにして…」 合格後はファン数+5万オーディション「踊っていいとも?増刊号」を受けます。

シーズン4

Viが流行3位の時は雑誌の撮影、それ以外はオーディションを受けます。

Viが流行1位の時はファン数+10万オーディション「THE LEGEND」を、Viが流行2位の時はファン数+5万オーディション「オールアイドル感謝FESTIVAL」を受けます。

・ファン数50万に到達したらそれ以上オーディションは受けず雑誌の撮影をします。

W.I.N.G

良い流行を引けることを祈りましょう!

準決勝

流行1がVo もしくは Vi:流行1を集中攻撃すれば勝てる……はず。

流行1がDa:ライバルの霧子(Da得意で流行1を集中攻撃する)と真正面からやりあうと苦しいので流行2のトップアピール&アピールボーナスと流行1のラストアピールを狙っていくことになるでしょう。流行1がVo,Viの時と違いライバルの動きによっては負ける可能性も普通にあります。

決勝

流行1がDaかVi:流行1を集中攻撃すれば勝てると思います。

流行1がVo:ボーカル得意で流行1を集中攻撃するライバルの夏葉が難敵。ここで負けると悲しいので流行雑誌を持ち込んでいるならば使った方がいいです。

準決勝流行1Daの時と同じく流行2のトップアピール&アピールボーナスと流行1のラストアピールを狙っていくことになります。もちろん準決勝の時と同じくライバルの動きによっては負けます。

おわりに

今回はシャニマスの雑誌撮影連打編成についてまとめてみました。

ほぼ思考停止でプロデュースできるので真面目にTrue Endを目指している時よりもW.I.N.Gで負けた時の精神的ダメージが少ない気がします!

サポートアイドルが揃っているなら試してみる価値はあると思いました。

タイトルとURLをコピーしました