【シャニマス】セレクションチケットは誰をとるのがいいの?~プロデュースアイドル編~

スポンサーリンク
セレチケPアイドル編アイキャッチシャニマス

こんにちは!セミマサです。

シャニマスではたまに好きなアイドルを選んで入手できるセレクションチケット(通称セレチケ)を販売していることがあります。

気に入っている子のSSRプロデュースアイドルで未所持のものをゲットするのが無難ですが、すでにお気に入りの子のSSRを全部持っていたりすると誰を取るか迷っちゃいますよね。そこで今回はユニット毎におすすめのSSRプロデュースアイドルを紹介したいと思います。

イルミネーションスターズ

【ほわっとスマイル】真乃

ボーカルとビジュアル2属性のアピールを行える固有ライブスキルを持っているカード。

【柔らかな微笑み】灯織

ダンスとビジュアル2属性のアピールを行える固有ライブスキルを持っています。思い出アピールがビジュアル属性の追加攻撃なのでセンター適性もあります。

【清閑に息をひそめて】灯織

【柔らかな微笑み】と同じくダンス・ビジュアル2属性のアピールを行えます。

思い出アピールと思い出アピールのLink効果両方が2属性(ダンス・ビジュアル)の追加攻撃となっているため、ダンス・ビジュアルの2つが高めの編成であれば【柔らかな微笑み】より強力なセンターとなれるでしょう。

【金色の元気いっぱいガール】めぐる

ボーカルとダンス2属性のアピールを行える固有ライブスキルを持っているカードです。

【日々を紡ぐインヴェルノ】めぐる

【金色の元気いっぱいガール】と同じくボーカル・ダンス2属性のアピールを行う固有ライブスキルを持っています。思い出アピールと思い出アピールのLink効果がボーカル・ダンス2属性の追加攻撃となっており、めぐるのカードの中では一番センター適性が高いです。

アンティーカ

【霧・音・燦・燦】霧子

リザレクションを付与できる固有ライブスキルを持っています。Linkアピールも優秀なので使いやすいカードです。未特訓の状態でも「ぶらり旅編成」のようなダンス型編成で活躍が期待できます。

【菜・菜・輪・舞】霧子

デメリットが無い強力なバフスキルを持っています。思い出&Linkアピールが自分のボーカル・ダンス・ビジュアルを上昇(思い出)→全属性追加ダメージ(Link)という流れになるので撃てれば強力です。霧子をセンターに置きたい人にオススメ。

【お試し/みつゴコロ】結華

自分のメンタルを大きく削る固有ライブスキルを持っているのでアンティーカによくあるメンタルが少ないほど威力の上がるライブスキルを持っているカードと相性がいいです。

【それなら目をつぶりましょう】結華

メンタルが少ないほど威力の上がる固有ライブスキルを持っています。このカードの場合固定倍率の追加ダメージも与えるので似た効果のライブスキルと異なり序盤で引いても邪魔になることが少ないです。Linkアピールも優秀。

【幸福のリズム】咲耶

思い出&Linkアピールの効果がどちらも追加ダメージなのでセンター適性があります。思い出部分の追加ダメージはボーカル、Link部分の追加ダメージはダンスであることに注意しましょう。

固有ライブスキルは自分含めすべてのユニットをメランコリー状態(毎ターンメンタルが減る)にするもので、メンタルを削りたいアンティーカにとってはメリット効果になります。

放課後クライマックスガールズ

【第2形態アーマードタイプ】果穂

注目度を大きく上げる固有ライブスキルを持っているので【かきまぜたら*ミルク】(智代子)を軸にした放クラダンス編成で使えます。全属性の追加ダメージを与える思い出アピールを持っているのでセンターに置くのも〇。

【新装備・バブルバスター!】果穂

高倍率の先制攻撃ができる固有ライブスキルを持っています。未特訓の状態でも放クラボーカル編成で活躍してくれるでしょう。

【潮騒のシーショア】果穂

注目度に依存するものの高倍率が狙える固有ライブスキルや思い出アピールを持っているカード。【ちょこ色×きらきらロマン】(智代子)と組み合わせると強力でセンター適性も高いです。

【ラムネ色の覚悟】樹里

先制攻撃ができるライブスキルを持っており未特訓の状態でも放クラビジュアル編成で使えます。

【ちょこ色×きらきらロマン】智代子

固有ライブスキルで注目度を大きく上げられるので【潮騒のシーショア】(果穂)を既に持っている場合は特におすすめ。

【メイドインナツハ】夏葉

高倍率の固有ライブスキルを持っており未特訓の状態でも放クラダンス編成で使えます。特訓が進めば夏葉のカードでは珍しいボーカル属性の固有ライブスキル「メイドインナツハ+」が取得できるのもポイント。

【水色感情】凛世

ボーカル・ダンス・ビジュアルを上昇させつつ思い出ゲージも増加させる優秀な固有ライブスキルを持っています。全属性の追加ダメージを与える思い出アピールも強力なのでセンターに置くことも可能。他ユニットへの出張性能も高めです。

アルストロメリア

【マイ・ピュア・ロマンス】千雪

メンタル残量に依存するものの全属性追加ダメージを与えられる思い出アピールを持ったカード。思い出アピールのLink効果もメンタル依存の全属性追加ダメージなのでアルストロメリア編成ではセンターに置きやすいです。

【シークレット・ヒロイン】千雪

メンタルを即時回復しつつ攻撃できるライブスキルを持っています。未特訓の状態でもダンス属性の固有ライブスキルが取得できるのでアルストロメリアダンス編成で使えます。

【はるかぜまち、1番地】千雪

ビジュアル属性の追加ダメージを与える思い出アピールを持ったカード(メンタルが高いほど効果アップ)。アルストロメリアビジュアル編成のセンターとして使えますが、ビジュアル属性の固有ライブスキルはフル特訓しないと取得できない点に注意が必要です。

【スタンバイオッケー】甘奈

未特訓の状態でもボーカル属性の固有ライブスキルが取得できるので【サマーハニー・シーズン】(千雪)をセンターにするタイプのアルストロメリアボーカル編成で採用できるかも。

【ゆらゆらアクアリウム】甘奈

思い出&Linkアピールが両方ともメンタル依存のボーカル属性追加ダメージとなっているのでアルストロメリアボーカル編成のセンターを任せることができます。ただしボーカル属性の固有ライブスキル「ゆらゆらアクアリウム+」を取得するには特訓4回が必要です。特訓が進むまではサポートアイドルのライブスキルを活用しましょう!

ストレイライト

【オ♡フ♡レ♡コ】冬優子

固有ライブスキルでステータスアップを4つ付与できるカード。Linkできればさらに2つ追加で付与できるため一気に準備を整えられます。未特訓の状態で取得できるライブスキル「オ♡フ♡レ♡コ」はダンスアップとビジュアルアップを付与できるため上述した【空と青とアイツ】を活かす編成を組む場合は入手直後から活躍してくれるでしょう。

【ちょっとあげる~】愛依

固有ライブスキルで全ユニットにステータスアップを2つ付与できるカード。未特訓の状態で取得できる固有ライブスキルでビジュアルアップを付与できるため【空と青とアイツ】を軸にする編成で使う場合未特訓でも問題なく使えます。

【メイ・ビー】愛依

固有ライブスキルのLink効果でステータス効果を4つ付与できます。未特訓の状態で取得できるライブスキルは(Link効果で)ボーカルアップとビジュアルアップを2つずつ付与できるので【空と青とアイツ】を軸にする編成でも使えますね。

Linkしないとステータス効果を付与できないためライブスキルを引くタイミングによっては手札で持て余す可能性もあります。

おわりに

今回はユニット毎におすすめのSSRプロデュースアイドルを紹介しました。セレクションチケットはなかなか販売されないので悔いのない選択をしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました